« 8/12~15 八丈・島流し 流人記 | Main | パラ・ハングのお宝動画リンク »

Sunday, August 27, 2006

8/26(土)、西川名ダイビング

8/26(土)、丹沢D-sideメンバー4人で千葉の館山・西川名へ潜りに行ってきました。例によってI田さん、I川さん+S藤(ヒゲ)さんと私。西川名は潮の流れが強いとさんざん脅されてましたがこの日はさほどではなく安心。でも透明度が低く&曇りだったので水中の視界は今ひとつでした。それでも今までに潜った海とは一味違った海底風景を堪能できました。魚は美味しそうな種類が多いですし、多種多様で色とりどりな海草やカイメン(海綿)が印象的でした。 黒潮直撃の八丈島とは海の色が違ってるっ!!
以下抜粋写真です↓ フォトアルバムは →
①青色の海草(ウスバワツナギソウ?) ②色彩豊かな海綿(カイメン)たち
Kawana01Kawana02
③ヒゲダイに肉薄                 ④ネンブツダイの群泳
Kawana03Kawana04
⑤イスズミ?とネンブツダイの混泳       ⑥高級魚が隠れてます →顔面アップ
Kawana05Kawana06
⑦昼寝を邪魔されたアカエイ          ⑧美味しそうな鯵(アジ)の群れ 
Kawana07Kawana08

海の中には様々な魚や動物(エビ、ウニ、サンゴ、ウミウシ)、海綿、海草など色とりどりな生物がいます。 実はこの色々な”色”、特に ”青色” は生物、特に動物にとっては特別な色みたいです。 日常目にする印刷物や写真のように特定の波長の光を吸収する色素による発色ではない場合がほとんどだそうです。 青色の色素は自然界では稀な化学物質(不安定)なため、別の方法で青色を出しています(ちなみに銀色も)。  ”構造色” っていう、超微細(ナノ)構造を制御することによって色を操っているとのこと!!CDの虹色も構造色の一種です。 詳しくは以下のサイトへどうぞ ↓
参考:  →青い魚はなぜ青い 、→モルフォチョウの構造色
美しい色の海草に関するサイト はこちらから

|

« 8/12~15 八丈・島流し 流人記 | Main | パラ・ハングのお宝動画リンク »

ダイビング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 8/26(土)、西川名ダイビング:

« 8/12~15 八丈・島流し 流人記 | Main | パラ・ハングのお宝動画リンク »